ブログパーツUL5

デジタルオシロの日本語版マニュアルを自作

 デジタルオシロを早く使いたい一心で、超特急で作業をしてやっと日本語版マニュアルを自作しました。他人に見せるわけでなく、益してや販売するわけでもなく(著作権に触れますから)、自分用にしか使いませんから多少変な訳があっても構いません。わからない時にちょこっと調べる程度で、慣れれば見ることもなくなると思います。

 パネルのボタン、ノブ、メニュの名称はすべて英語表記なので、マニュアルでは操作しやすいようにそのまま英語表記のままにして訳しました。翻訳にはGoogleの翻訳機能を活用することで短時間で完成させることができました。面倒だったのが、表(テーブル)の変換で統一性を持たせて「機能メニュ}と「設定}は英語表記のままで、「説明」だけを日本語にしてわかりやすくしました。貼り付けた図は出来るか限り大きくしてわかりやすくしましたため、ページ数が少し増えてずれてしまいました。

 付属のDVDにある英語版マニュアル(93ページ)も印刷し、自作した日本語マニュアル(94ページ)を印刷しました。これで一応完成ですが、PDFにする時や別のPCに移動させた時に図が消えてしまうページがあり、MSらしい互換性の無さに悩まされます。リッチファイルにすることで一応解決してPDFファイルもできました。

 付属の英語版と自作した日本語版のマニュアル
マニュアル
なお、日本語版マニュアルの提供は著作権侵害になるので行いません。あくまで個人使用でご理解ください。
0

    ついにデジタルオシロを購入

     ヤフオクで1つ前のモデルの新品を運よく落札できたので、安く購入できました。ヤフオクに旧モデルのSLを出品して購入資金に回せたので、1、5万円で一番安いデジタルオシロが入手でき、測定器キットなどのチャチィものよりずーと本格的な測定器です。
     製作した回路動作をテスターのDCと周波数カウンターで動作確認していましたが、これで、PWMなどの波形観測などができるようになり、動作の解析や理解も早くなります。

     購入したデジタルオシロ一式
    デジタルオシロ

     OWONのSDS5032
    デジタルオシロ

     基準信号でのテスト(1KHz/5V)
    デジタルオシロ

     まだマニュアルを読んでいないのですが、まず試しに製作したパワーパックの出力波形を観測してみました。

     加速のPWM波形
     
     波形観測で、減速の最小にして停車状態ではわずかに波形が出ていることがわかり、加速して最大になるとDCににまでなることがわかりました。ほぼ設計どおりで安心しました。
     PWMの周波数は計算上14.59KHz(Duty52%)で、過去のテスターの周波数カウンターの実測は16.27KHzで、今回の波形観測で15.5KHzでした。

     出力波形の波高調整(VR)
     
     VRを回すことで出力波形が変化していることがわかり、この機能で室内との明るさを調整することができます。
    0

      気分転換で割り箸のゴム銃を製作

       お天気がよくなかったので、外出もせず気分転換でいっぱい余っている割り箸を利用して輪ゴムを飛ばすゴム銃をインターネットで見本を参考に製作してみました。
      (1)材料
       ・竹の割り箸2本(楊枝も利用) → 硬いので銃身と引き金
       ・木の割り箸2本(楊枝も利用) → 軽いので上記以外
       ・木工用ボンド
      (2)道具
       ・ノコギリ又はナイフカッター
       ・クリッブ又は輪ゴム

       意外と格好よくできたゴム銃です。RZ-1でも持てる17gという軽い銃(?)です。因みに、射程距離は5m程度です。現在はブースタを付けて射程距離を伸ばしてあり、かつ2連射できる優れものます。うまくコントロールすればロボゼロでも利用できそうです。
      ゴム銃

      0

        1

        カレンダ

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>