ブログパーツUL5

メタルファイター(robonova-2相当?)を発見

 海外ではrobonova-2があるようですが、日本では発売されていないかと思っていました。ところが、偶然、株式会社C's Techという会社から発売されているのを見つけました。

メタルファイターという名称になっています。軽量化している分、動くが軽快になっているようです。私としてはメタルファイターのハンドがイマイチです。

組み立てビデオや組立て説明書を見てみると、すべての部品がrobonova-1とは違うようです。

メタルファイター(自律2足歩行ロボット)仕様
基本仕様
● サイズ:325×180×90mm
  ● 重量:約1.2Kg
  ● トルク:9Kg/cm(標準6.0Vバッテリー搭載時)
  ● 稼働時間:平均1時間以上(フル充電時)
  ● 充電時間:約60分
製品構成
■ マイコンボード(MR-3024FX)×1式
  ■ サーボモーター(MRS-D2009SP)×16個
  ■ メタル フレームパーツセット×1式
  ■ ニッケル水素バッテリー(1000mAh)×1個
  ■ 専用充電器×1個
  ■ 専用IFケーブル×1本
  ■ CD−ROM×1枚(ロボットプログラミングツール) 
  ■ ネジ、小物類×1式
  ■ 専用IRリモコンセット ×1式

※マイコンボードやサーボモータの型名が違うのですが、見た目には同じような仕様に見えます。多分、OEM供給をしてもらい型名を変更しているのでは推測します。

大きく違うのが、サウンドボードです。このボードはマイコンボードMR-C2034との相性がよさそうなので、RZ-1に付加できるかもしれません。しかし、詳細な仕様が不明なため、価格が高いのでその効果がどうなのかはわかりません。

 サウンドボードは16KHz 16bit WAVファイル対応でPCからUSBでWAVデータの変更ができるので、RZ-1では音声認識はできても音声合成ができない機能を補うことはできそうであるが、マイコンボードに空いているポートがないので搭載できない。やはり、音声認識と音声合成を1ボードで行い、1つのポートを共有できるののでないとダメである。

また、ダウンロードページには操作用プログラミングroboBASICのVer2.8があります。ただ、robonova-1やROBOZAKのRZ-1に使用できるかは不明で、その違いもわかりません。しかし、命令コマンド説明書は、V2.10のままなので、大きな変更はないようです。
なお、利用する場合には、自己責任で行ってください。当方では責任は負いません。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>