ブログパーツUL5

ROBO-XEROとJO-ZEROの違いは?

 ROBO-XEROはJO-ZEROにサーボモーターをハンドなどに追加しただけだと思って気にしていませんでしたが、実際には重要な部分のサーボが追加・変更されているのがわかりました。1つは脚部の膝がダブルサーボになり、もう1つは足首が直交軸に組み直されています。本体のデザインが似ているので気がつきにくいですが、かなりの重要な部分が変わっている。

 マイコミジャーナルのレポートに比較写真があり、違いが良くわかります。
【レポート】「男のロボット部」に潜入』を参照ください。

 ということは、JO-ZERO用のモーションはそのまま使えないことになります。ROBOZAKの時は、オプションを追加しない標準モデル(50号)まではROBONOVAのモーションがそのまま使えたので助かりましたが、JO-ZEROのモーションを流用する場合には十分に注意して変更する必要がありそうです。

 さらに気になるのは、ROBOZAKの時のように主な部品を製造メーカーから個別に購入できないので、サーボ以外の部品は予備の「週刊 ロボゼロ」を購入しておかないと、後々のメンテナンスができなくなりそうですね。なお、サーボ単体は汎用のRS304MDの部品を購入できるので、壊れてもメンテナンスはできそうである。特に、プラスチックギアはモーション作成時やバトルなどではよく壊れると予想されます。ROBO-XEROは軽量なので大丈夫かもしれませんが。

 私のRobozak(RZ-1)は改造している関係でネジがバカ(ねじ山が壊れる)になってしまい、最近、バックボディフレームを交換しました。ROBO-XEROも小さいネジが多いので、改造やバトルなどを考えている方は注意が必要でしょう。
0

    コメント
    はじめて書き込みさせていただきます。
    ロボゼロ掲示板経由で参りました。
    私もロボザックユーザーでフレームだけ99%改造(自称)した者です。
    他人ごとながら(笑)、ロボゼロの部品交換は、どうするんでしょうね〜?
    フレームを自作する人は、そんなに多くはないと思いますが〜(ToT)
    • 146
    • 2011/03/11 12:49 PM
    146さん、はじめまして。

     フレームだけ99%改造されているのですか、すごいですね。私は専用工具もないので、動作に影響するような部分は精度が出ないので変更しておりません。サーボがもっと小さくトルクがあれば、RZ-1も改良しやすいのですが、何せ自重が重い。

     ロボゼロは軽そうですが、私のようにいろいろ改良するには余地が少なく難しい。ロボゼロにチャレンジされる方はメンテナンスの部品交換のことも検討しておくことをお勧めします。
    • takuo
    • 2011/03/13 10:20 AM
    ご返答をありがとうございます。
    このサーボって、ネジ周りのデコボコが、かなりくせ者ですよね〜
    ロボザックは、かなりアバウトにフレーム制作しても、動きますよ(笑)
    • 146
    • 2011/03/13 9:29 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>