ブログパーツUL5

ROBO XERO(ロボゼロ)05号

ロボゼロ05号
 ROBO XERO(ロボゼロ)の04号は購入せず、1つ飛ばして05号を購入しました。05号にはブラケット類がはじめてついてくるので、RS306MDを利用する上で自作派や改良派にとっても参考となる部品です。

 また、サーボホーン、フリーホーン、サーボホーン用のM2x8mmタッピングネジという重要な部品があるため、単体購入できるようですがショップに問い合わせたところ現在は欠品して在庫がないので、05号を購入しておく必要がありました。
ロボゼロ04号の部品
【05号のパーツ】
・バックカバー
・サーボブラケット
・穴付きコの字ブラケット
・M1.7x3mmネジ×6
・サーボホーン
・フリーホーン
・サーボホーン用M2x8mmタッピングネジ×1


 ROBO XERO(ロボゼロ)のマイコンボードが載るバックボディノカバーが付きました。しかし、ネジがM1.7と小さく改良する時には、ちょっと不安が残ります。
ロボゼロの組立
 震災のことを考えると70号まで購入する気分ではなくなりましたので、次の06号を購入して、今後、ROBO XERO(ロボゼロ)の組立は中止とします。当初の予定通り、RZ-1の改良の範囲に留める事にしました。
0

    コメント
    いや〜残念です。
    我が家のロボザック改は、現在は原因不明の修復中。
    既に全くの別物ですが、良ければ御覧下さい。
     146さん、拝見させてもらいました。
    写真が小さいので細部まではわかりませんが、大改造されているようですね。

    リモコン受信素子で波形を確認すれば、どこが悪いか推測できますよ。
    ・まずリモコン送信の電池の電圧をチェック
    ・リモコン送信素子の信号をチェック
    ・リモコン受信素子の信号をチェック
    ・マイコンボードはテストプログラムを作成してLCD表示して確認する
    以上の4項目でトラブル箇所が特定できます。

    それ以外に、私の場合、マイコンボードの種類指定を変更してコンパイルしたので、EEPROMを認識しなくなったという現象もありました。参考までに。
    • takuo
    • 2011/03/16 1:22 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>