ブログパーツUL5

RS306MDのTTLコマンドのテストボード

 手元にある秋月電子のUSBシリアル変換モジュールを使って、RS306MDのTTLコマンドの操作ができるようにあまり物でテストボードを製作しました。

TTL<br />
コマンドテストボード RS306MDとの通信はRS232Cでもいいのですが、なぜ、このモジュールを使うかというと単に手元にあったこととケーブル接続だけで5V電源がPC側から供給されるからです。

 基板にはそれ以外に送受信の示す各々LEDと全二重を半二重にするための簡易的な回路を盛込んでサーボの接続端子を2つ設けました。2つにしたのはIDの違いで区別されるかをチェックするためです。

 問題は、RS306MDの信号線が1本なので送受信は1本で半二重通信という形式で行なうことになるので、回路を工夫しないとそのままでは送受信できません。コマンドを送る送信だけであれば、そのまま直結して接続することはできます。半二重変換回路は簡易的な回路例Aとバッファを挿入した回路例Bを示しますので、参考にしてください。(2011/4/27回路例Bを修正)
回路例A回路例B
          回路例A                      回路例B

 回路例Aでは送信はできましたが、受信はうまくいきませんでした。回路例Bでは送受信共にうまく出来ました。なお、TTLコマンドはPCのターミナルでマニュアルで操作できますが、miconoさんが便利なソフトを開発されているので、これを利用することをお勧めします。

http://web.me.com/micono/rx/rs30xpacketutil.html

【注意】
 本回路による事故や故障の責任は当方では負いかねます。あくまで自己責任で行なってください。
 回路例Bのテストボード(2011/4/29追加)
回路例Bno
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>