ブログパーツUL5

ROBO XERO(ロボゼロ)11号がない

 発売日にROBO XERO(ロボゼロ)11号を買いにいったところ店頭にない。本屋での発売は15号までだったのではないかと思っていましたが、すで定期購読のみの限定発売になったようです。本屋にないなら、次号と合わせてインターネットで購入することにした。送料無料となるAmazon.co.jpに申し込んでおいたが、配送されるのは来週となる予定です。
11号のコピー部品 ということで11号で支給される1つの部品をデットコピーして自作してみました。最初は違う形で試作したのですが、将来の拡張で軸の自由度を増やす場合にはセンター方向に位置をずらしておいた方がよいので、同じ形にて製作しました。

 もう1つの部品は形状と精度(コンマ以下の精度とMT1.7のネジ)が難しいので、当面、自作することはペンディングにしました。

【2011/4/29追記】

 本日(4/29)、アマゾンから配送されてきて、無事、11号が入手できました。

11号の部品
 写真は入手できた11号の部品です。

 どうして11号を購入したかというと、RS306MDを使用した直交化を進めていますが、そのサーボホーンが1つ不足したのと、将来的にRZ-1の腕の自由度を1つ増やす場合に部品が必要となることを想定して、今回購入しておくことにしました。11号が部品構成でちょうどよかったのです。

【確保した部品】
・サーボブラケット   ×2
・穴空きコの字ブラケット×2
・フルーホーン     ×4
 
 穴空きコの字ブラケットは自作もしたので、計4個になりました。RZ-1の腕の自由度を1つ増やす場合には、入手しやすいサーボホーンを購入すれば可能なようにして確保できました。しかし、置き換えを検討していたらロボゼロの上腕は自由度を1つ増やしたサーボが肩にぶつかるようで、ROBOZAKのように真上に腕を上げる万歳のポーズができないようです。

追伸:
 11号の記事にある「僕の彼女はサイボーグ」をテレビで観たことがあります。ストーリーはあるハリウッド映画によく似ていますが、綾瀬はるかがかわいかったので許せる映画だったと思います。でも、上半身しかないサーボーグ(綾瀬)はかわいそうであるが...後は映画を観て下さい。
「僕の彼女はサイボーグ」より
「僕の彼女はサイボーグ」の一場面で、上半身だけになったサイボーグ
0

    コメント
    11号ですか?近所の書店では山積み状態でしたよ〜
    店側が打ち切ったかぁ?
    • 146
    • 2011/04/29 6:51 AM
     置くかか置かないは売上げを見ながら本屋のポリシーで決まるのでしょう。昨日、横浜の有名店も覗いてみましたがやはりありませんでした。
    • takuo
    • 2011/04/29 8:10 AM
    miconoです。
    横浜ヨドバシ3階の書籍売り場にはありましたよ
    • micono
    • 2011/04/29 3:53 PM
    146さん、miconoさん、情報有難う御座います。

     ロボゼロの組立は諦めており、部品集めだけなのでインターネットで購入することにしました。地元の本屋に少しでも貢献しようと思ったのですが、結局、置いてなければアマゾンに頼ってしまいます。電子出版の発達とともに本屋のあり方も再検討すべき時期で生き残りを模索することになるのでしょう。

     話は違いますが、自主出版したくて調べた時に、オンデマンド出版というのがあり、電子出版を自動的に製本するアメリカ製のマシンがあるのです。このマシンを購入してインターネットで製本するビジネスが簡単にできそうですが、価格はとても高いです。でも、オンデマンド出版が普及すれば、本屋さんは要らなくなる時代に(アメリカでは本屋の生き残りが問題)。その時には、立ち読みできなくなりさびしいかも。
    • takuo
    • 2011/04/29 5:47 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>