ブログパーツUL5

CC5X C Compilerの設定

 以前に試作した超音波モジュールが大きかったので、そのままではロボットに搭載は出来ませんでした。そこで、モジュールを作り直そうと思い、超音波センサーは再利用してロボットにも搭載できるサイズに小型化したモジュールにしようと考えました。インターネットで検索してみたら、ちょうどよさそうなのがあったのでが、よく調べてみるとCコンパイラーが今までのものと違い、初めてのものでした。

 まず、CソースをそのままでのHI-TECH C Compilerではうまくいきませんので、新たにCC5Xの開発環境をMPLAB IDE(v8.xもサポート)に整備することにしました。どちらもPICマイコン用のフリーソフト版のC Compilerなので、費用はかかりません。

CC5XのCC5X free editionとマニュアルは、下記のURLにあります。
http://www.bknd.com/cc5x/download.shtml

cc5x画面
【CC5X設定手順】
(1)上記URLからcc5xfree.zip とマニュアルをダウンロードします。
 ・cc5xfree.exe の実行形式はMcAfeeウィルスチェックでひっかかりましたので避けた方がよい。
 ・マニュアルのcc5x-34.pdf (~460k) CC5X User's Manual、device (header) filesは
  headers.zip
(2)自分PCに適切な格納場所にディレクトリを作成して、cc5xfree.zipを解凍したファイルを全て
  格納する。
 ・RELOC.INCだけをワーク領域にコピーする。
(3)MPLAB IDEを起動して、C Compilerを設定する
 ・最初はProjectWizardからデバイスを指定していくと、select language toolsuiteでCC5Xを
  選択する。
 ・Browse.でCC5Xの格納場所を指定する
 ・MPASMとMPLINKに×がついていることがあるが、後で設定する
(4)Set Language Tool Location でB knudsen Data CC5X を選択する
 ・ExecutablesのMPASMとMPLINKの格納場所を確認し、指定にする。
 ・Default Search Paths & Directories の Include Search Path,${INCDIR}を選択して、
  Browse.で格納場所を指定する。但し、格納場所は""で囲みます。
   例:"C:¥Program Files¥cc5x"

以上を設定してOKをすれば、開発環境が出来上がります。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>