ブログパーツUL5

APR9600再生専用モジュールの製作

 ロボットの搭載するのには録音機能は使わないので、APR9600を再生専用で動作させるようにして小型化することにしました。しかし、APR9600の再生音が小さいようなので、出力アンプをを追加しました。さらに、タクトSWの代わりにPICマイコンでコントロールするように変更しました。

(1)出力アンプの検討
386応用回路 手持ちに386Bがあったので、386BのOPアンプを利用して出力アンプを組み込むようにしました。386Bのデータシートから応用回路を参考にして、単電源なので入力と出力をカップリング容量でDC成分をカットします。

 出力端子の0.047μFと10Ωは発振防止で、電源側の容量もノイズ低減と発振防止のために必要で省略しない方がよい。


(2)再生専用回路
再生専用回路(訂正版)
・APR9600の周辺回路で録音時に必要な部品と回路は削除する。

・切替えジャンパーも固定にする。
 再生モード固定で、8音声選択

・出力アンプを追加
 スピーカーは8Ω

・コントロールするPICマイコンを追加
 (マイコンソフトは暫定でまだ未完成)


(3)再生専用基板の部品配置検討
APR960再生専用モジュール
 上記の回路を出来る限り小型なモジュールするために部品配置を検討する。

 いろいろ試してみましたが、APR9600用のソケットの内側にも部品を配置することでなんとか実現しました。



(4)APR9600の録音再生評価基板と今回の再生専用基板の比較
基板の比較
 回路は増えましたが、評価基板の半分以下のサイズで再生専用モジュールが出来上がりました。

右側が録音再生評価基板
左側がアンプ付再生専用基板

 なお、APR9600が安いのでソケット代にプラスして予備にもう1つ購入して、東芝の音声合成によるリアルな音声も録音してみました。


 今後、MR-C3024からコントロールしてうまく音声が出るかの綜合テストをしながら、PICマイコンのソフトを作成していきます。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>