ブログパーツUL5

Arduino用のブートローダー書き込み装置を自作

 Arduinoのブートローダーを自作にしました。下記のサイトを参考にしたので詳細はそちらを参照ください。回路図もそちらで提供しています。

Arduino Uno用ブートローダライタシールドキットサポートページ


 完成したらまずArduino UNOだけを接続して、Arduino IDEのファイルからスケッチ例の中から「11.ArduinoISP」を選択してArduinoISPを読み込みます。それをArduino UNOに書き込みます。ArduinoISPのスケッチが正常に書き込めると、HeartbeatのLEDが明るくなったり暗くなったりを繰り返します。

 完成したブートローダー書き込み装置
ブートローダー書き込み装置
 しなぷすのハード製作記のサイトに参照にした回路図(PDF))があります。

 書き込みが完了した後に、製作したブートローダー書き込み装置を差し込んで、生のATmega328PをZIFソケットにセットして手順どおりに、ブートローダーを書き込みます。その後に書き込むスケッチを開いて、スケッチの「書込み装置を使って書込む」でスケッチを書込む。書き込み中はProgramのLEDが点灯して、エラーがあるとErrorのLEDが点灯します。

 これでいつでもCPU単独で起動させることができます。但し、今回は16MHzの発振子なので5V対応で、3.3V対応にするには8MHzの発振子にする必要があります。動作確認できたので、ICSPのコネクタを設けて結線して完了しました。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>