ブログパーツUL5

大型LCDを設定できるように変更

 Robozakの定期購読を止めてしまったので、別の話題が多くなります。前回製作したことで20文字×4行の少し大型のLCD表示の動作確認が出来ましたので、今後の利便性を考えて汎用的な設定が出来るように一部を変更して作り直しました。
 変更は、転送速度の設定、エコーバックの設定、LFのコマンドの追加などいろいろと行い、写真のように初めて両面基板を採用してテスト用基板よりも小さくまとめることが出来ました。

ハード面
・DIPスイッチで転送速度を2400、4800、9600、19200に設定
・ピンジャックで、エコーバックがON/OFF設定
ソフト面
・LCD制御のコマンドを追加

注意:小形LCDと大型LCDとは、VCCとGNDピンが入れ替わっていました。こういうのは互換性を持たせてほしいものです。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>