ブログパーツUL5

Bluetooth通信のテスト

Bluetooth通信のテスト方法は下記のURLで丁寧に説明されているので、詳細は省くことにしました。

http://www.trial-room.net/elec/elec_blue1.html

「5.レベル変換基板」をそのまま製作して、テストして問題なければ、RS232Cの接続をピンジャックの信号ラインに接続すれば、PCとRZ-1とは通信できるはずです。

「4.接続環境」のように接続すれば、動作テストもできるので、簡単です。

と思いきやどうもそう簡単でもないようです。

 現状は、Bluetoothの通信は出来ているようですが、バイナリ通信がどうもうまく行っていないようで、モーションデータの転送はまだ実現できていません。まだ未確認で推測ですが、MR-C3024には文字化けで送られているようです。なぜかというと、windowsのターミナル通信でキーを入力するとリモコンコードと誤認識して、RZ-1が動作するためです。ポーズをとったり、挨拶をしたりという状況でおもしろいです。

もしかすると、Bluetoothのコントローラでコードを送れば操作できるということを示唆しているのかも? まだまだ分からないことだらけですが、慌てず、ノンビリとやっていきます。

只、心配なのはRBT-001の電源がType3.0V〜max3.3Vというスペックだったことです。手元には3Vの3端子電源がないので、すぐには壊れないとは思いますが、RBT-001は簡単に入手できないので、安全のために暫く休止することにしました。
0

    コメント
    miconoです。

    どんな通信をされたのか書かれていないので判らないのですが、
    まず、Bluetoothを介してロボザックと通信できているかを確認するための手っ取り早い方法は、roboBASICで、RBT-001のCOM番号を設定しておいて、「コントローラー情報の取得」をしてみて、ちゃんと情報がかえってこれば、うまく通信できているということになりますね。

    いちおう「週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(6)」で、RBT-001でそれができることを確認してます。

    あと、基本、MR-C3024とのやり取りはバイナリーですので、バイナリー送信のできるターミナルソフトでないと、やれないでしょうね。ただ、長いコマンドは手入力は大変ですよね。短いコマンドで、0xFF,0x??があります。これは第一変数を0x??にするというコマンドなので、0xFF,0x01を送信すれば、お辞儀すると思います(基本のテンプレートのプログラムが転送されていればの話ですけど)。

    「モーションデータの転送」は、プログラムの転送のことでしょうか?そうならば、コードをコンパイルして、転送用のプロトコルにのっとって、コンパイルしたデータを転送しなければいけないので、ターミナルではまず無理な作業だと思いますし、以前にも書きましたが、転送時は通信速度を変更しなければいけないので、それができない限り、転送できません。


    miconoさん、情報有難う御座います。

    他のBluetoothだと問題ないのかもしれませんが、
    「週刊My RobotのBluetoothではどうもモーションデータ
    は転送できそうもありませんね。

    RS232Cを単純に置き換えたいだけなのにBluetooth規格
    も今一ですね。
    ZigBeeの方が簡単に対向通信しやすいのかもしれませんね。

    音声認識ボードも中途半端なので、RZ-1の通信ポートを何に
    振り向けるかも思案どころです。
    • takuo
    • 2008/07/18 8:08 PM
    miconoです。

    RBT-001のBluetooth(無線)としての使い心地は悪くないような気がします。むしろBlueSMiRFより反応性や安定性があるんじゃないかと感じてもします。ZigBeeだって、リモートで通信速度は途中で切換えることはできませんので、同じ様にプログラムの転送はできませんし、ZigBeeの場合は、BluetoothのようにUSBのモジュールがある訳でもないし、とりわけ、ZigBeeの方がいいとは思いません。

    オーディオプラグを無線で繋ぐメリットは、プログラムの転送だけではありません、無線でロボットを動かすこともできますし、ADポートの値も無線で得られますし、MR-C3024に転送されているプログラムでしか動かせないEX/RXポートであれこれやるより、よいところは沢山あると思います。

    音声認識ボードは、ロボチャンさんのように、
    http://blog.kansai.com/nobu_robo/62
    パソコンに繋いで認識したデータを、無線でロボットに送信するのが、余分にポートを使わない、グッドな手のように思います。


    • micono
    • 2008/07/19 1:00 PM
    miconoさん、いつも情報有難う御座います。

     BluetoothでRZ-1へのモーションデータを送信するのは、
    私には荷が重そうですね。
    miconoさんのブログでいろいろ紹介されているのを
    参考にさせてもらいます。是非、頑張ってください。

    RXD/TXDのポートは単純にスイッチで、
    音声認識とBluetoothとを切替えるようにしようと
    思います。

    RZ-1のハード面では、もう1つジャイロを搭載して
    終わろうと思います。

    今後は、ノンビリとモーションを統合して、
    作成に取り掛かろうと思っています。
    • takuo
    • 2008/07/19 6:15 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>