ブログパーツUL5

渋々ROBOZAK83号を購入

 ROBOZAK85号を購入したが、無線操縦のモーションのプログラムする方法が記載されていなかったので、急遽、83号を購入しました。
 ROBOZAK85号の説明によれば、センサーをADポートに繋ぐにはポート数が足りないので、センサー別のプログラムにするようになっていました。そして、センサーは差換えろという原始的な方法をガイドしていました。

 ロボットの企画でこのような素人のようなやり方でいいのか?ROBOZAKそのもの企画に問題がありそうである。無線で動作させなければならので、渋々ROBOZAK83号を購入する。無線送受信に関して何にも説明せずに85号で打ち切ったことにより、RZ-1保有者はCDに格納されているモーションプログラム(可読性の悪いソース)を解析しないと無線操作をマスターすることは出来ないことになります。

【83号の部品一覧】
A.『RZ-1 プログラムCD-ROM 5』×1
B.シール×1
C.M2.3x26mmネジ×2

 ネジはボディカバー用のネジなので、私はシールと同様に保存するだけです。のんびりとプログラムを解読して、無線操縦のプログラミングでもしていくとになりそうです。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>